セルトリ細胞

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 セルトリ細胞とは、またはセルトリの支持細胞とは、精巣睾丸)の中で精子がつくられる精細管の中にいて、精細胞から精子ができるのをサポートする細胞。

言語表記発音、読み方
日本語医学セルトリ細胞 *セルトリさいぼう
セルトリの支持細胞 *セルトリのしじさいぼう
英語Sertoli cell *セルリ・セル
Sertoli's supporting cells *セルリズ・サポーティング・セル
* セルトリ Sertoli は、この細胞を発見した、19世紀のイタリアの生理学・解剖学者 エンリコ・セルトリ Enrico Sertoli のこと

 セルトリ細胞は、精巣精細管に1層に並んで管の壁を作っている細胞で、精子ができる過程の精細胞と結合している。精子のもとになる精祖細胞はセルトリ細胞よりも外側にいて、完成した精子はセルトリ細胞の内側にある管の空洞部分を流れていく。

 セルトリ細胞のはたらきは、精細胞精子と結合して支えて、これらの細胞に栄養を供給すること、精子になれずに死んだ細胞や精子ができるときに切り離された細胞質の残りをどん食することなど。その他、インヒビンなどのホルモンを分泌する。

カテゴリー: 生殖器系 | 男性生殖器系 | 腹部 | 精巣 | 細胞

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。