精細管

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

曲精細管でこの項目を参照しています

 精細管とは、または曲精細管とは、精巣睾丸)の中で精子をつくり、できた精子を運ぶ管。直径0.2〜0.3 mm ぐらいで、精巣の中でくねくねとうねりながら走り、真っ直ぐ伸ばすと数10cmあるものが多数入っている。

言語表記発音、読み方
日本語医学精細管せいさいかん
曲精細管*きょくせいさいかん
英語seminiferous tubule**セミフェラス・テュ―ビュール
convoluted seminiferous tubule*,**コンヴォーティッド・セミフェラス・テュ―ビュール
ラテン語tubuli seminiferi contortiトゥブリ・セミニフェリ・コントルティ
* 「曲」"convoluted" がついたほうが厳密な言い方。直精細管と区別したいときに特にそう呼ぶ。直精細管のことを「直」をとって単に精細管と呼ぶことはない
** tubule は「細管」のこと

 管の両端が精巣の端にある精巣網につながる。精子は精巣網に運ばれるが、精細管と精巣網のつなぎ目の短い部分を直精細管と呼び、それ以外の大部分はくねくねとうねりながら走るので曲精細管として区別する。

 精細管の壁は、精子ができる途中の様々な段階の細胞(=雄性生殖細胞)とそれをサポートする細胞(=セルトリ細胞)が、精上皮という特殊な上皮を構成する。

カテゴリー: 生殖器系 | 男性生殖器系 | 腹部 | 精巣

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。