精子

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 精子とは、男性の配偶子生殖細胞)で、精巣(=睾丸)で作られる。女性の配偶子である細胞融合(=受精)をすると、接合子となり、そこから別の個体(こども)ができる。精子を作り出して、それを体外まで送り出すのが器官系である男性生殖器系の、ひとつの目的である。

言語表記発音、読み方
日本語医学精子せいし
日本語医学精虫せいちゅう
英語・ラテン語spermーム
英語・
ラテン語
単数spermatozoonマトゾーオン
複数spermatozoaマトゾア

 精子の特徴は、

  • きわめて移動しやすい形になっている。頭部尾部からできていて、頭部は、ほぼ細胞核だけからできていて小さく、尾部は、長い鞭毛でできている。細胞質がほとんどない細胞。鞭毛を自分で動かしてすばやく移動できる。
  • と同じく、細胞核内に保存されている遺伝子のセットであるDNAが、2組(2n)ではなく、1組(n)だけになっている。単数体一倍体。卵と細胞融合すると、子の遺伝子は父由来と母由来の遺伝子を1組ずつで2組になる。

 精巣で精子が作られるところは、精細管のなか。ここで、精祖細胞が分裂しながら増えていて、その一部が減数分裂したのち、精子独特の形に変形して精子になる。精祖細胞が精子になる変化のことを、精子発生という。また、減数分裂の終わった細胞が精子の形に変形することを精子完成(=精子形成)という。

カテゴリー: 生殖器系 | 男性生殖器系 | 発生 | 細胞 | 精巣

 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。