ガストリン

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 ガストリンとは、幽門部粘膜から血液中に分泌されるホルモンアミノ酸17個(または34個)からできているペプチドホルモンである。胃の中に食べ物が入ってきたのを感知して血液中に分泌される。作用は、胃底腺(固有胃腺)の壁細胞からの胃酸(塩酸)の分泌量を増やし、消化を助ける働きがある。

言語表記発音、読み方
日本語医学ガストリン
英語gastrinストゥリン

 をラテン語で gaster ガステルというが、ガステルから分泌されるホルモンなので、ガストリン。

 ガストリンを分泌する細胞は、G細胞と呼ばれる胃腸内分泌細胞の一種。G細胞は、十二指腸粘膜上皮の中に散らばっているが、特に胃の出口に近い幽門前庭に多い。

 アミノ酸34個からなる、サイズのちょっと大きいガストリン分子は、ビッグガストリンと呼ばれ、細胞からの分泌量は少ないが、血液中で分解、排泄されにくいため、血液中の濃度は高い。作用の強さは普通のガストリンと同じ。

カテゴリー: 内分泌系 | 物質名 | ホルモン | タンパク質 | 消化器系 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。