上皮細胞

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 上皮細胞とは、上皮組織をつくっている細胞、または上皮組織をつくっている上皮細胞と同じ性質をもっているので、上皮組織からできた細胞であることがわかる細胞のこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学上皮細胞じょうひさいぼう
英語epithelial cellエピスィーリアル・

 上皮組織には、体の中で境界面をつくっている上皮や、腺組織外分泌内分泌)や導管などがあって、これらをつくっているのはみな上皮細胞。したがって、一口に上皮細胞といっても、どういう上皮をつくっっている細胞かによって、その性質はさまざまである。

 上皮細胞がもっている性質とは、たとえば、細胞どうしが細胞間接着装置を介してお互いに密着していること、細胞に極性があること。細胞の極性とは、細胞の一方の端と反対側の端とが、違う性質をもっていること。上皮は体の中で境界面をつくっているので、ひとつの細胞の細胞膜でも、どちら側に面している表面かによって、役割が違っているので、形や構成している物質などが異なっている。

カテゴリー: 上皮組織

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。