上眼瞼挙筋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 上眼瞼挙筋とは、を開けている間、上まぶた(上眼瞼)を引っ張りあげている。自分の意思で動かすことのできる随意筋で、骨格筋である。眼球のまわりにつく外眼筋に含める。

言語表記発音、読み方
日本語医学上眼瞼挙筋じょうがんけんきょきん
英語levator palpebrae superioris (muscle)ヴェイター・パルペブリー・スーペリーリス(・ッスル)
elevator muscle of upper eyelidレヴェイター・ッスル・オブ・ッパー・イリッド
ラテン語musculus levator palpebrae superioris
(m. levator palpebrae superioris)
ムスクルス・レウァトール・パルぺブラエ・スペリオリス
palpebrarisパルぺブラリス

 上眼瞼挙筋は、まぶたのところでは顔の表面近くを走るが、顔面の表情筋ではなく、外眼筋と考える。他の外眼筋と同様に、起始眼窩の奥で、眼窩の上壁を伝うように走り、眼窩を出た後に上眼瞼皮下組織にある瞼板(上瞼板)の付近に停止する。また、他の多くの外眼筋とともに、第3脳神経動眼神経支配を受ける。

 つまり、上眼瞼挙筋はまぶたを真上に持ち上げるのではなく、目の上の奥に向かって引き込むように引っ張っている。

 一方、まばたきを起こす表情筋に含まれる眼輪筋

カテゴリー: 運動器系 | 筋系 | 感覚器 | | | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。