瞼板

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

眼瞼板でこの項目を参照しています

 瞼板とは、まぶた(眼瞼)の内部にある細長い芯のような構造。コラーゲン線維のかたまりでできていて、硬くて弾力性がある。眼瞼が、素早いまばたきの間にも形を維持できるように、眼瞼を補強する「骨格」の働きをもつ。

言語表記発音、読み方
日本語医学瞼板けんばん
眼瞼板がんけんばん
英語tarsal plateーサル・プイト
ラテン語・英語単数tarsus(ラテン語読み)タルスス
(英語読み)ーサス
複数tarsi(ラテン語読み)タルスィ―
(英語読み)ースィ―

 瞼板は、上まぶた(=上眼瞼)と下まぶた(=下眼瞼)の両方にあり、それぞれ上瞼板下瞼板という。左右の長さ(目頭目尻方向)が 2~3 cm で、上下の長さは上瞼板で 1 cm、下瞼板ではもっと狭い。眼瞼の内部では、瞼板は結膜眼球に接する側の粘膜)の隣にある。瞼板の皮膚側には眼輪筋がある。

 眼瞼骨格の働きをしているとはいっても、軟骨ではない。コラーゲン線維がびっしりと詰まっている線維性結合組織(密性結合組織)である。内部には瞼板腺(マイボーム腺)と呼ばれる独立脂腺が多数埋まっている。

 まぶたを裏返せる人がいる。まぶたのうち、内部に瞼板がある部分は硬いので、まぶたを裏返すと、瞼板のある部分全体が裏返ったままになり、手を離しても戻りにくい。

カテゴリー: 感覚器 | | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。