中心管

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 中心管とは、中枢神経系の中にある空洞(=脳室)のひとつ。主に脊髄の内部にあり、一部は延髄にもある。脊髄のいちばん下まである細長い穴。上部で第4脳室につながる。脊髄中心管?ともいう。

言語表記発音、読み方
日本語医学中心管ちゅうしんかん
脊髄中心管?せきずいちゅうしんかん
英語central canalントラル・キャ
central canal of the spinal cordントラル・キャル・オブ・ザ・スイナル・ード
ラテン語canalis centralisカナリス・ケントラーリス

 中心管は、脳室の中で一番下部にある細い管。第4脳室よりも上の脳室と同じく、空洞の内部には脳脊髄液が流れる。また、中心管の内側の壁は上衣細胞でできた層でおおわれる。

 中心管は上部で延髄の中を通っていて、この部分を延髄中心管?と呼ぶこともある。中心管は、途中で空洞が広くなる場所はなく、脊髄のもっとも下部で少し太くなっていることがある(=終室)。また、成人では内部の空洞が埋まってしまい、穴ではなくなってしまっている箇所があることもある。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | | | 脊髄 |頭頚部 |胸部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。