延髄

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 延髄とは、の部分の一つで、中脳とともに、あわせて脳幹と呼ばれる部分。延髄は脳幹の中でもっとも下(脊髄の側)にあり、脊髄ととなりあっている。延髄の上には橋がある。

言語表記発音、読み方
日本語医学延髄えんずい
ラテン語・英語medulla oblongata(ラテン語読み)メドゥラ・オブロンータ
(英語読み)メラ・オブロンータ

 延髄は、太いところで太さ2~3cmぐらい、長さも数cmの小さな場所だが、脊髄をつなぐ重要な神経がみな通過する場所なので、この場所が障害されるとその場所によって運動機能や感覚機能などが失われる。また、人体の生存に必須な機能をもつ脳幹の中でも特に、循環器系呼吸器系などの機能(いわゆる植物性機能)と呼ばれる働きを制御する中枢を含んでいるので、この部位の神経細胞が死んでしまうと、脳が体を維持する機能がなくなる、脳死の状態になってしまう。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。