二重神経支配

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 二重神経支配とは、あるひとつのもの(筋肉内臓など)に、2つの別の神経が来ていて、その筋や内臓の持っている1つの機能が、2つの神経によって制御されていること。神経支配とは、神経が働きを制御していること。

言語表記発音、読み方
日本語医学二重神経支配にじゅうしんけいしはい

 の場合、2つの別々の運動性神経が協力して1つの筋を収縮させるときに使う。内臓の場合は、ある内臓の働きが交感神経副交感神経とによって、逆向きに(拮抗的に)調節されているときに使う言葉。

 の二重神経支配の例は、僧帽筋副神経頚神経叢)、胸鎖乳突筋副神経頚神経叢)、深指屈筋正中神経尺骨神経)、大内転筋閉鎖神経坐骨神経)など。

カテゴリー: 性質 | 神経系 | 末梢神経系 | 運動器系 | 筋系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。