内耳道

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 内耳道とは、頭蓋骨側頭骨にある穴で、いくつかの神経などが通る。外耳道(=耳の穴)とはつながっていない。

言語表記発音、読み方
日本語医学内耳道ないじどう
英語internal auditory canalインターナル・オーディトリー・カ
internal auditory meatusインターナル・オーディトリー・ミエイタス
internal acoustic canalインターナル・アクースティック・カ
internal acoustic meatusインターナル・アクースティック・ミエイタス
ラテン語meatus acusticus internusメアトゥス・アクスティクス・インテルヌス

 内耳聴覚平衡覚感覚器だが、内耳は側頭骨の壁が厚くなっている部分(側頭骨岩様部)の内部に埋まっている。側頭骨に開いている穴である内耳道は、内耳と、のある頭蓋内をつなぐ短い管状の穴である。内耳道の脳に近い側の端を内耳孔、内耳道の一番奥の行き止まり部分を内耳道底という。

 内耳道を通るのは、内耳神経(第8脳神経)と顔面神経(第7脳神経)。どちらも脳神経。内耳神経は、内耳をつないでおり、聴覚を伝える蝸牛神経(聴神経)と、平衡覚を伝える前庭神経からできている。もうひとつの顔面神経は、の筋(表情筋)などをを支配する神経で、頭蓋から出る際、いったん内耳道に入って、内耳のそばから分かれる別の穴(顔面神経管)を通り、頭蓋の外に出ていく。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | 頭蓋 | 神経系 | 脳神経 | 感覚器 | | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。