内耳

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する内容が迷路の項目にあります

 内耳とは、のいちばん奥にある神経とつながっている部分。複雑な形をしていて、蝸牛(かぎゅう)と半規管(はんきかん)、それらをつなぐ入口にあたる前庭からなる。これらのある場所は頭蓋骨側頭骨の内部で、には内耳の形の穴が開いている。内耳全体を迷路とも言う。前庭のある場所がちょうど中耳の奥にあたる。蝸牛は、耳の他の部分(外耳、中耳)と連繋して音を感じる感覚器聴覚器)で、半規管と前庭は加速度を感じる感覚器(平衡覚器)。

言語表記発音、読み方
日本語医学内耳ないじ
英語inner earンナー・アー
internal earインーナル・アー
ラテン語auris internaアウリス・インテルナ

 内耳は二重構造になっていて、いちばん外側はの壁だが、その内側に少し離れてでできた壁がある。膜の内側には内リンパという液体があり、膜と骨の間には外リンパという液体がある。外リンパ、内リンパはどちらも透明の液体だが、イオン組成が異なっている。骨の壁で囲まれた内耳の全体を骨迷路と呼び、内側にある膜で囲まれた部分を膜迷路という。骨迷路と膜迷路は、膜迷路のほうが全体が細い他は形は似ているが、一部は違っている。

 蝸牛は渦巻き形をしていて、半規管はリング状になっていて3つある(三半規管)。前庭の中には膜で区切られた2つの部屋がある(卵形嚢球形嚢)。蝸牛で感じ取られた音の情報は、そこにつながっている蝸牛神経を経由してに伝えられる。3つある半規管の根元と球形嚢、卵形嚢は5つの加速度の検出器になっていて、こちらは前庭神経を経由して脳に伝えられる。蝸牛神経と前庭神経は合わせて内耳神経第8脳神経)になる。

カテゴリー: 感覚器 | | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。