隆椎

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

第7頚椎第7頸椎でこの項目を参照しています

関連する内容が頚椎椎骨の項目にあります

 隆椎とは、背骨(脊柱)をつくる椎骨のひとつで、第7頚椎(第7頸椎)の別名。椎骨のうち、頚部(首)にあるもの7個を頚椎(頸椎)と呼ぶが、そのうちの一番下の1個のこと。略称は C7。上のとなりは第6頚椎(C6)、下は胸椎の第1胸椎(T1 または Th1)と関節を作る。隆椎とは、首のうしろを触った時に、椎骨の棘突起による膨らみを感じることができることからついた名前。

言語表記発音、読み方
日本語医学第7頚椎第7頸椎 *だい7けいつい
隆椎りゅうつい
略語C7 **スィ―・7
英語seventh(7th) cervical vertebra,
cervical vertebra VII
ヴンス・ーヴィカル・ヴァーテブラ
prominent vertebra ***ミネント・ヴァーテブラ
ラテン語vertebra cervicalis septima,
vertebra cervicalis VII
ウェルテブラ・ケルウィカリス・セプティマ
vertebra prominens ***ウェルテブラ・プロミネンス
*  はどちらを使ってもよい。異体字を参照
** Cは cervical vertebra の略。脊髄神経の第7頚神経も、同じく C7 と略すことがある
*** 隆椎に対応する言葉

 隆椎(第7頚椎)は、他の頚椎と形が似ているが、胸椎にも少し似ている。棘突起が他の頚椎よりも大きい。このため、皮膚からこれを触ることができる(首を前に曲げると触りやすい)。首の後ろを触わったとき、隆椎(第7頚椎)よりも上の頚椎では棘突起を触れない人が多いが、第6頚椎の棘突起を触れる人もいる。また、隆椎(第7頚椎)の棘突起の先は、他の頚椎のように2つに割れていない。他の頚椎と同じく、隆椎(第7頚椎)にも横突孔があるが、椎骨動脈は第6頚椎から上の横突孔しか通らない。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | 脊柱 | | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。