喉頭蓋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 喉頭蓋とは、のどの奥にある平べったい出っぱりで、食べ物を飲み込む(嚥下)ときに、喉頭蓋が喉頭の入口(気道に続く)をふさぐ位置になるため、食べ物が気道に入りにくくなる(=食道に行きやすくなる)働きがある。

言語表記発音、読み方
日本語医学喉頭蓋 *こうとうがい
ラテン語、英語 (ギリシャ語由来)epiglottis **エピグッティス
*  は、口へんに ではなく、口へんに
** glottis は声門(声帯)のことで、epi は、その上にあるものの意味

 喉頭蓋は、のどの中の喉頭の入口(=喉頭口)の上にある。舌根の奥、のどの前壁の甲状軟骨で囲まれている場所から後ろ斜め上方に向かって、小さな靴べらが突き出ている風な形をしている。ものを飲み込むとき、のどの筋肉が収縮するのと、喉頭蓋が食べ物に押されることで、喉頭蓋が喉頭に近づくが、喉頭口をぴったり塞ぐわけではない。

 喉頭蓋の内部には軟骨喉頭蓋軟骨)がある。喉頭の軟骨では、甲状軟骨輪状軟骨被裂軟骨などは硝子軟骨でできているが、喉頭蓋軟骨だけは弾性軟骨でできている。

カテゴリー: 頭頚部 | 呼吸器系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。