サイトを移転しました。お気に入り、ブックマーク等の変更をお願いします。

食道

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 食道とは、消化器系に属する器官のひとつで、消化管の一部で、咽頭のど)との間をつないでいる部分。管状の部分で、筋肉でできた壁を持っている。

言語表記発音、読み方
日本語医学食道*しょくどう
ラテン語・英語esophagus**(英語読み)イファガス
(ラテン語読み)エソファグス
* 漢字変換で最初に出てくるのは「食堂」なので注意
** これは米国式。英国式は oesophagus。発音は同じ

 食道の上端は首(頚部)のあたり、下端はおなかの中(腹腔)の上部にある胃にまでつながる25 cm 程度の長さの器官。途中に通る場所は、頚部では気管のすぐ後ろ、胸腔では左右の肺の間(=縦隔)で心臓の後ろをとおり、横隔膜食道裂孔?を通って腹腔に出る。

 に空気を送るための通路(鼻腔口腔咽頭喉頭気管気管支)を全体としてまとめて「気道」と呼ぶのに対し、食べ物が通る通路の全体(口腔咽頭、食道、小腸大腸)のことは、消化管と呼び、「食道」とは言わない。

食道の生理的狭窄部

 食道には、普段から細くなっている場所、あまり広がりにくい場所が3箇所ある。これらを食道の生理的狭窄部(せいりてききょうさくぶ)という。かたまり状のものを飲み込んだときには、それらの場所でつかえやすい。

カテゴリー: 消化器系 | 頭頚部 | 胸部 | 器官 | 消化管

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。