噴門

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

噴門部でこの項目を参照しています

関連する内容が噴門口の項目にあります

 噴門とは、または噴門部とは、をいくつかの部分に分けたとき、食道とつながっている胃の入口のこと。噴門以外の胃の部分の名前には、胃底胃体があり、胃が十二指腸につながる出口の部分は幽門

言語表記発音、読み方
日本語医学噴門ふんもん
噴門部ふんもんぶ
英語・ラテン語cardia *(英語読み) ーディア
(ラテン語読み) カルディア
英語形容cardial **ーディアル
cardiac **ーディアック
* cardia は「噴門」の意味では単数形で、複数形は cardiae。一方、"~ cardia" は「心臓」をあらわす "~cardium" の複数形でもある
** 「噴門」の意味での形容詞形は、cardial または cardiac どちらも使うが、一方、「心臓」の意味では cardiac だけを使う

 噴門は横隔膜のすぐ下の腹腔内にある。食道が横隔膜を通り過ぎるのは第10胸椎のある高さで、噴門があるのは第12胸椎の高さ。胃の出口の幽門では、胃壁筋層がそこだけ厚くなった幽門括約筋があって、内容物が十二指腸に流すかどうかを調節しているが、噴門には、噴門括約筋というような特殊な筋層はない。

 噴門は、細い管状の食道が、胃の入口で急に広がっている箇所で、食道ではなくての一部。この部分の胃壁の構造は胃の他の場所と似ているが、噴門にあるは、胃液を分泌する固有胃腺胃底腺)ではなく、噴門腺という粘液性の液体を分泌する腺(粘液腺)である。噴門腺の分泌物は中性なので、酸性の胃液が食道の方に来て壁が溶けないようにしている。噴門のすぐとなりの食道の一番下にも噴門腺があるが、そちらは食道噴門腺として区別することもある。

 食道の境界線だけを噴門と呼び、その周辺の場所を噴門部と呼んで区別することもある。また、別の言い方では、食道と胃の境界線を噴門口と呼び、境界付近の場所を噴門と呼ぶ場合もある。

カテゴリー: 腹部 | 消化器系 | 消化管 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。