外尿道口

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

尿道口でこの項目を参照しています

 外尿道口とは、または 尿道口とは、尿が体外に出てくる穴のこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学外尿道口がいにょうどうこう
尿道口 *にょうどうこう
英語external urethral orificeエクスーナル・ユースラル・リフィス
urethral orifice *ースラル・リフィス
(external) opening of urethra*エクスーナル・ウプニング・オブ・ユースラ
ラテン語ostium urethrae externumオスティウム・ウレトゥラエ・エクステルヌム
* 「外」「external」などがついたほうがより正確

 尿腎臓でつくられ、膀胱にためられ、排尿のときに尿道をとおって体外に出される。つまり、尿道のくだの両端は膀胱と体外につながっている。尿道の膀胱側の端を内尿道口、尿道の体外につながる端を外尿道口と呼ぶ。単に尿道口といえば、外尿道口のことを指す。

 男性の尿道口は、陰茎亀頭の先端にある。女性の尿道口は、外陰部腟前庭にある。

 尿道口の構造は、尿道の内側の粘膜から尿道口の外側への移行部になっている。

カテゴリー: 泌尿器系 | 器官 | 腹部

 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。