大脳縦裂

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 大脳縦裂とは、左右の大脳半球の間にある深い溝のこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学大脳縦裂だいのうじゅうれつ
英語longitudinal cerebral fissureロンジテューディナル・レブラル・フィッシャー
ラテン語fissura longitudinalis cerebriフィッシュラ・ロンギトゥーディナリス・ケレブリ

 の表面の大部分は、大脳が占めている。大脳は、左右2つのかたまり(大脳半球)に分かれて見えるが、その境界は、大脳の正中(左右の中心線)をまっすぐ通る深い溝、大脳縦裂がつくている。大脳縦裂は、大脳の前端から後端まで続いているが、大脳の下面にはない。

 大脳の表面にある大脳皮質は、大脳縦裂のすき間に面する表面にもある。たとえば、後頭葉にある視覚中枢は、大脳縦裂に面した大脳皮質にあるので、周りからはみえない。

 左右の大脳半球は、脳梁でつながっているが、脳梁は大脳縦裂の溝の奥にある。脳梁も大脳の一部である。

 脳が頭蓋骨のなかにあるときは、大脳縦裂には大脳鎌が入っている。大脳鎌は硬膜を含む髄膜が、頭蓋骨の内側から離れて張り出した部分。大脳がずれたり、回転したりしないようにするはたらきがある。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | | 大脳 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。