微絨毛

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

微柔毛でこの項目を参照しています

 微絨毛とは、細胞の表面に生えている細い突起の一種で、ふつうたくさん集まって毛のように生えている。微絨毛は線毛(繊毛)とはちがって、波打つように動くことはできない。

言語表記発音、読み方
日本語医学微絨毛*びじゅうもう
一般微柔毛*,**
英語・ラテン語単数microvillus***(英語読み)マイクロヴィラス
(ラテン語読み)ミクロウィルス
複数microvilli***(英語読み)マイクロヴィライ
(ラテン語読み)ミクロウィリ
* 微絨毛の「絨」は、絨毯(じゅうたん)の「絨」で、絨毯のように毛がびっしりと生えそろっている様子を表す言葉。ただ、この字が難しいことから、高校以下の教科書をはじめとして、一般に使われる言葉としては、「絨」を「柔」に置き換えて、微柔毛と書くことがある。同じような言い換えは絨毛にもある
** 解剖学ではこの漢字は使わない。異体字を参照
*** 1つの細胞に多くの微絨毛がまとまって生えていることが多いので、ほとんどの場合、複数形を使う

 微絨毛の一本一本を見分けるには電子顕微鏡でないと難しいが、光学顕微鏡でも、微絨毛がびっしり生えそろっていると、そこが細胞の縁取りのようになってみえることがある。これは、刷子縁(線条縁、小皮縁)と呼ぶ。

 微絨毛の内部には、アクチンでできた骨組があり、その形を保っている。

カテゴリー: 細胞内構造 | 細胞小器官 | 電子顕微鏡レベル

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。