眼球

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

目玉でこの項目を参照しています

関連する内容がの項目にあります

 眼球とは、目玉のこと。ヒトの眼球は、大人で直径2.4cmぐらいの球。ピンポン玉や10円玉よりも小さい。

言語表記発音、読み方
日本語医学眼球がんきゅう
一般目玉めだま
英語eyeballイボウル
bulb of eyeルブ・オブ・
ラテン語bulbus oculiブッルブス・クリー

 眼球とは、動物の(眼)がボールのような形になっていて、まわりの構造から独立して動けるようになっているもののこと。ヒトの目をはじめとして、脊椎動物の目はこのタイプ。眼球は向いている方向を変えて,の向きとは別の方向を見ることができ、そのとき見え方が乱れたりしないのがメリット。

眼球の場所

 眼球は顔面の内部に大部分が埋まっていて、その一部だけが「目」として外から見えている。頭蓋骨にある眼球が入っているくぼみを眼窩(がんか)という。また、顔の皮膚にある眼球がみえるすき間を眼裂(がんれつ)という。

眼球の構造

 眼球の構造はよくカメラにたとえられる。

カメラの構造眼球の構造
レンズ水晶体レンズ
絞り虹彩瞳孔
フィルム(CCD素子)の位置網膜
カメラの本体眼球
レンズの蓋眼瞼まぶた
カメラを構える手眼筋外眼筋

上に上がらなかった構造では、

  • 毛様体:遠近のピントを変える(カメラのピント調節とは方法が違う)、眼房水(眼球内の液体)を分泌する
  • 視神経:もし例えるなら、カメラとコンピューターをつなぐケーブル

カテゴリー: 感覚器 | 器官 | | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。