瞳孔

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

でこの項目を参照しています

関連する内容が虹彩の項目にあります

 瞳孔とは、眼球)を前から見たときの「黒目」の部分のうち、その中心部にある円のこと。明るい環境、暗い環境で瞳孔の直径が変わる。

言語表記発音、読み方
日本語医学瞳孔どうこう
一般ひとみ
英語pupilピューピル
ラテン語pupillaプーピッ

 「黒目」部分のうち、瞳孔のまわりの部分(よくみると放射状のすじが入っているところ)は虹彩と呼ばれる。虹彩は眼球内の一番前面にあり、中心部に穴が開いている。この穴が瞳孔。虹彩で光はさえぎられ、瞳孔ではその奥にある水晶体(=レンズ)や網膜に光が届く。瞳孔として見えているのは、眼球のレンズをとおして網膜の一部をみている。黒目の色は、光彩や網膜のメラニン色素の量などで決まる。

 瞳孔の大きさは、虹彩にある筋によって調節される(瞳孔括約筋瞳孔散大筋)。

カテゴリー: 感覚器 | | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。