瞳孔散大筋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 瞳孔散大筋とは、暗いところで眼球瞳孔虹彩に囲まれた穴の部分)を広げ、眼球の中に入る光の量を増やし、ものがより明るく見えるのを助ける働きのある筋。瞳孔の周囲の虹彩にある。平滑筋で、自律神経交感神経支配を受ける。拮抗筋瞳孔括約筋

言語表記発音、読み方
日本語医学瞳孔散大筋どうこうさんだいきん
英語dilator pupillae (muscle)ディレイター・ピューピリ―(・マッスル)
dilator muscle of pupilディレイター・マッスル・オブ・ピューピル
ラテン語musculus dilator pupillae
m. dilator pupillae
ムスクルス・ディラトール・プピラエ

 虹彩の後縁(眼球の奥側の表面)には虹彩上皮があるが、瞳孔散大筋は、これにぴったり沿うように薄く伸び広がっている。瞳孔散大筋の筋線維は瞳孔の中心から周囲に向かうように、虹彩の中で放射状に配列している。瞳孔散大筋が収縮すると、虹彩が瞳孔散大筋によって外側(眼球の周囲の方向)に引っ張る形になり、瞳孔が大きくなる。

 瞳孔散大筋は平滑筋で、交感神経によって調節される。今見ているものが暗すぎて見にくいとき、自律神経により瞳孔散大筋が収縮し、瞳孔を通って眼球内に入る光の量を増やす。これは暗い時に起こるので、暗いときに瞳孔は開く。

カテゴリー: 感覚器 | | 平滑筋

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。