メラニン色素

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 メラニン色素とは、または、メラニンとは、皮膚細胞内などにたまる黒っぽい色をした物質で、水に溶けない不活性な高分子。光、特に体に有害な紫外線をさえぎる役割がある。皮膚や眼球などに多い。

言語表記発音、読み方
日本語医学メラニン色素メラニンしきそ
メラニン
英語melatin pigmentニン・グメント
melatinニン

 細胞内で、アミノ酸チロシンから、ドーパL-ドーパレボドパ)を経由してつくられる、インドール-5,6-キノンや5,6-ジヒドロキシインドール-2-カルボン酸などが重合して高分子になったものをメラニンと呼ぶ。皮膚や毛、目などでは、人種によって、この反応の起こりやすさが違うため、メラニンの量が違うことが色の違いになる。この過程の途中の反応を起こす酵素が一部なかったりすると、メラニン色素ができない白皮症になる。

 皮膚表皮細胞ケラチノサイト、角化細胞)にはメラニン色素が含まれるが、このメラニン色素はメラノサイト(メラニン細胞)でつくられてから、この細胞に渡されたもの。紫外線はDNAを壊し、細胞に突然変異を生じさせる有害な光。光を浴びるとメラニン色素の合成が促進され、皮膚が黒っぽくなることで、紫外線をそれより奥に通しにくくする。毛も表皮の細胞が変化した細胞から作られる。ほくろはメラニン色素が他の場所よりも多い。

 眼球では、眼球内に入る光の量を調節する虹彩や、眼球内で光が投影される網膜などに、色素上皮と呼ばれる細胞層がある。色素上皮の細胞には多量のメラニン色素が含まれ、虹彩が光を通さないように、網膜に当たった光が眼球内に反射したりしないようになっている。また、網膜の外側にある脈絡膜にもメラニンが豊富。

 一部の神経細胞細胞質にも、メラニン色素がたまる。これは、ドーパミン(ドパミン)、アドレナリンノルアドレナリンなどのカテコールアミン神経伝達物質として使っている神経細胞(カテコールアミン・ニューロン)でおこる。ドーパミン、アドレナリン、ノルアドレナリンなどは、メラニンと同じくL-ドーパから作られるため、副産物としてメラニンもできてしまうため。中脳黒質は、このために黒く見えることから名付けられた。

カテゴリー: 外皮系 | 皮膚 | 感覚器 | | 神経系 | 中枢神経系 | 物質名

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。