瞳孔括約筋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 瞳孔括約筋とは、眼球内の虹彩にあって、瞳孔を縮める筋。平滑筋で、自律神経副交感神経支配を受ける。拮抗筋瞳孔散大筋

言語表記発音、読み方
日本語医学瞳孔括約筋どうこうかつやくきん
英語sphincter pupillae (muscle)スフィンクター・ピューピリ―(・マッスル)
sphincter muscle of pupilフィンクター・マッスル・オブ・ピューピル
ラテン語musculus sphincter pupillae,
m. sphincter pupillae
ムスクルス・スフィンクテル・プピラエ

 瞳孔括約筋は、虹彩内だけを走り、その外とは繋がらない。虹彩は瞳孔の周囲をぐるりと取り囲むが、瞳孔括約筋は、その虹彩の形に沿って、虹彩内部をリング状に走る。瞳孔括約筋が収縮すると、瞳孔括約筋がつくるリングの直径が小さくなるので、虹彩ごと中央に寄り、瞳孔が小さくなる。

 瞳孔括約筋は平滑筋で、副交感神経によって調節される。この自律性(副交感性)の線維は、第3脳神経動眼神経の一部である。

 今見ているものが明るすぎて見にくいとき、自律神経により瞳孔括約筋が収縮し、瞳孔を通って眼球内に入る光の量を減らす。これは対光反射と呼ばれる。

カテゴリー: 感覚器 | | 平滑筋

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。