精巣鞘膜

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 精巣鞘膜とは、精巣睾丸)の本体のすぐ外側を取り巻いている状の構造。その外側には陰嚢がある。精巣鞘膜は、精巣をすっぽりと完全に包んでいる袋にはなっておらず、精巣の前面だけを覆っている。

言語表記発音、読み方
日本語医学精巣鞘膜せいそうしょうまく
ラテン語tunica vaginalis testisテュニカ・ウァギナリス・テスティス

 精巣鞘膜の構造は、腹膜と同じような漿膜が2層になっている。つまり、中皮細胞の層と薄い結合組織の層があり、これが二重になっている。

精巣鞘膜の発生

 精漿漿膜は、発生過程での精巣の移動とともに形成される。精巣ははじめ、腹腔内器官としてつくられるが、そのあと、次第に下降して鼠径部のあたりから腹腔の外に出て、陰嚢の中に入る。この移動を精巣下降という。このとき、精巣の外側に腹膜がついてきて、精巣の周囲に残る。これが精巣鞘膜である。つまり、精巣鞘膜の2層の漿膜は、腹膜そのもので、2層の間の部分は腹膜腔とつながっていた。  その後、精巣漿膜は、腹膜本体からは切り離される。

カテゴリー: 生殖器系 | 男性生殖器系 | 腹部 | 精巣

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。