漿膜

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 漿膜とは、一般には、漿液分泌する細胞が並んでできているのこと。ただし、実際には下に挙げたような、胸膜腹膜のことだけを指す。表面には中皮という平べったい細胞層があり、薄い結合組織で裏打ちされている。

言語表記発音、読み方
日本語医学漿膜*しょうまく
英語serous membraneスィーラス・ンブレン
serous tunicスィーラス・テューニック
ラテン語serosaセローサ
tunica serosaテュニカ・セローサ
membrana serosaメンブラナ・セローサ
* 漿 の上の部分 は、 の旧字なので、自分で書くときには、 の下に を書けばよい

 胸腔腹腔にある器官のうち、肝臓小腸…など大多数の器官の外側の表面はつるつるしていて、ぬれた感じになっている。これらの表面を覆っているのが漿膜。わずかな漿液性の分泌物?を器官の外側に向けて分泌している。これにより器官どうしの摩擦をなくして、せまい空間にうまくおさまるようにしている。

 これらの漿膜は、胸腔では胸膜腹腔では腹膜という名前で呼ばれていて、胸膜腔?腹膜腔(まとめて体腔という)のまわりを囲んでいる。

 つまり、器官の表面に漿膜があるのは、胸膜腔や腹膜腔などの体腔に面している箇所だけ。

 漿膜は、(1) 平べったい(扁平な)細胞が1層に(単層?)びっしり並んでできている層と(2) その下にある、わずかな結合組織の層をあわせたもののこと。(1) の細胞層は、上皮の一種と考えられていて、その細胞の並び方は単層扁平上皮である。ただし、体腔を囲む上皮を特に、中皮と呼ぶので、胸膜や腹膜の上皮は中皮、中皮を作っている細胞は中皮細胞?である。

カテゴリー: 未分類

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。