リソソーム

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

水解小体ライソソームでこの項目を参照しています

 リソソームとは、または、ライソソームとは、水解小体とも呼ばれる細胞小器官細胞質内にあって、で囲まれた小さな袋状の構造をしている。内部には、タンパク質脂質など様々な物質を分解するための酵素(加水分解酵素)が大量に含まれている。細胞内で分解したいもの(たとえば壊れた細胞小器官や細菌など)はまず膜に包まれた後、その膜がリソソームと合体、融合することで、リソソーム内に含まれる酵素がそれを分解する。

用語表記発音、読み方
日本語医学リソソーム
ライソソーム
水解小体すいかいしょうたい
英語lysosomeイソソーム

 細胞内でつくられたばかりのリソソームは酵素だけを含んでいて、一次リソソームという。一次リソソームが、分解したいものと合体して分解中のリソソームを二次リソソームと呼ぶ。電子顕微鏡で見ると、一次リソソームは小さな袋として、二次リソソームは分解するものによって様々なごみのかたまりが膜に包まれているようにみえる。

カテゴリー: 細胞小器官 | 電子顕微鏡レベル | 細胞内構造

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。