胆管

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 胆管とは、肝臓でつくられた胆汁十二指腸で放出されるまでに通る全体のこと。胆道、胆路、胆管系などの用語もよく似ていて、胆汁が通る通り道をすべて指す。

言語表記発音、読み方
日本語医学胆管たんかん
英語bile ductイル・クト
biliary ductリアリー・クト
ラテン語ductus biliarisドゥクトゥス・ビリアーリス

 胆汁肝臓肝細胞でつくられ、その細胞外にある毛細胆管分泌される。これが胆管のはじまりである。次第に合流し、はじめは肝臓の中を通り、最後は肝臓から出て十二指腸につながる。管のそれぞれの部分に名前はついているが、全体として胆管と呼ぶ。

 胆管が、肝臓内を通る部分を肝内胆管、肝臓外に出た後を肝外胆管という。胆管を、肝外胆管だけを指す言葉として使う場合もある。

 胆道(胆路、胆管系)は「胆汁の通り道」全体を指す言葉なので、胆管とほぼ同じ意味だが、こちらはふつう胆嚢も含める。

胆管の部位

肝内胆管

 毛細胆管は、へリング管(小葉内胆細管)、肝小葉の外で小葉間胆管になる。これが合流し、右肝管左肝管として肝臓を出る。ここまでが肝内胆管である。

肝外胆管

 肝外胆管では、右肝管左肝管はすぐに合流して総肝管(=肝管)になる。ここから胆嚢にいく枝道である胆嚢管が分かれていて、胆嚢管よりも下流にあたる十二指腸までを総胆管という。

カテゴリー: 消化器系 | 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。