肝小葉

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 肝小葉とは、肝臓の内部にびっしりと並んでいる大きさが1~2mmの構成単位のこと。肝小葉の内部には肝細胞がたくさんの板状に並び、その間に太い毛細血管類洞または洞様毛細血管)が通っている。

言語表記発音、読み方
日本語医学肝小葉かんしょうよう
英語hepatic lobuleティック・ビュール

 小葉(しょうよう、lobule)とは、器官が肉眼で区別できる小さな部分に分かれる「」(よう、lobe)が、さらに細かく区切られているときに使われる区分。肝臓は、右葉左葉方形葉尾状葉の4つの葉に分かれていて、それぞれが小さな小葉が集まってできている。

 肝小葉は、肝臓実質(肝臓の機能を担う肝細胞で作られている部分)をつくっている構造で、1つ1つの形は、短くなった鉛筆のような、断面が六角形の短い円柱(六角柱)の形をしている。大きさは直径と高さがそれぞれ大きくても2mmぐらいで、無数の肝小葉がピッタリくっついて並んでいる。それぞれの肝小葉のまわりには、グリソン鞘という薄い結合組織の層(小葉間結合組織)があるので、結合組織を染色すると肝臓の断面には六角形の網の目がみえる。

 肝臓内で、肝細胞血液を供給する血管肝動脈門脈の枝)は、肝小葉と肝小葉の間のグリソン鞘を通り、肝臓から出ていく静脈肝静脈につながる血管)は、肝小葉の中心部分を通る(中心静脈)。これらをつなぐように、肝小葉の周囲から中心までをつないでいる太い毛細血管(肝類洞、洞様毛細血管)が放射状に通る。

 肝小葉内の肝細胞は、この太い毛細血管肝類洞洞様毛細血管)と接するように、肝小葉のなかで放射状に並んでいる。

カテゴリー: 消化器系 | 肝臓 | 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。