脂肪

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 脂肪とは、

  1. 体を作っている物質のひとつで、中性脂肪ともいう。物質名としては、トリグリセリドと呼ばれ、グリセリン(グリセロール)1分子に対して最大で3分子の脂肪酸が結合してできる高分子化合物。水に溶けにくく、油に溶けやすい。体内では、体の構成物質でもあり、代謝によってATPを作り出すためのエネルギー源でもある。食べ物に含まれる栄養素で、体内で余った分は、脂肪細胞細胞内に大量に貯蔵する性質がある。
  2. 物質としての脂肪をたくさん含んでいる体の構造のこと。脂肪細胞をたくさん含む脂肪組織からできている。皮膚の下にある皮下組織の脂肪組織が増えて厚くなったもの(皮下脂肪)や、内臓の周囲の脂肪組織(内臓脂肪)などを指す。肉の脂身(あぶらみ)もこれ。
 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。