糸球体

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

腎糸球体でこの項目を参照しています

 糸球体とは、または、より正確には"腎糸球体"とは、腎臓内部に無数にある、毛細血管が蛇行して球状になったかたまりのこと。ここで血液から尿の元(=原尿)が最初に作られる。1つの直径は 200 μm (=0.2 mm)前後なので、肉眼ではみえないぐらいの小ささ。これが腎臓内には100万個以上ある。

言語表記発音、読み方
日本語医学糸球体しきゅうたい
腎糸球体*じんしきゅうたい
英語・ラテン語単数glomerulus*,**(英語読み)グロメルラス
(ラテン語読み)グロメルルス
複数glomeruli(英語読み)グロメルライ
(ラテン語読み)グロメルリ
英語 kidney glomerulusキドゥニー・グロメルラス
renal glomerulusリーナル・グロメルラス
malpighian glomerulus***マルピーギアン・グロメルラス
形容glomerularグロメルラー
* 糸球 glomerulus とは、なにか糸状のものがグジャグジャッとからみ合って、全体として、球状のかたまりをつくっているものに対する呼び名。もともとは「糸球体」はそういうものをいろいろ指す言葉だったが、現在では 糸球体 glomerulus とだけいえば、自動的に腎臓の糸球体のことを指す
**糸球を表すラテン語 glomus の後ろに、小さいことを示す -lus がついた形
*** malpighian は、発見者であるイタリアの解剖学者 マルチェロ・マルピーギ Marcello Marpighi の、の意味

 糸球体はボーマン嚢という袋に入っていて、あわせて腎小体マルピーギ小体)という。腎小体には尿細管(=腎細管)がつながっていて、あわせてネフロン腎単位)と呼ぶ。糸球体の毛細血管をとおる血液から濾過された尿の元(原尿)は、糸球体の外側(=ボーマン嚢の内側)にたまり、ここにつながっている尿細管(近位尿細管)に流れていく。尿細管を流れていくうちに原尿の成分が調節され、濃縮されて尿になる。

  • 腎小体マルピーギ小体)、糸球体ボーマン嚢ボーマン腔尿管極血管極たこ足細胞足細胞)、足突起メサンギウム細胞

カテゴリー: 泌尿器系 | 顕微鏡レベル | 腹部 | 腎臓

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。