錐体細胞

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 錐体細胞とは、円錐、三角錐、四角錐などの「錐」の形をした細胞につけられた名前。主に、大脳皮質神経細胞の一種、または眼球網膜錐体錐状体)をつくる細胞の2つが有名。これらの日本語名は同じだが、英語名は異なる。

目次
 

大脳皮質の神経細胞の錐体細胞

 錐体細胞とは、大脳皮質にある神経細胞の一種。大型の神経細胞で、特徴的な錐の形をした細胞大脳新皮質にもあるし、海馬などの大脳辺縁系の大脳皮質にもある。錐体細胞は層になって並んでいて、錐体細胞層と呼ばれる。

言語表記発音、読み方
日本語医学錐体細胞すいたいさいぼう
英語pyramidal cell*ミダル・
* pyramidal は pyramid ピラミッドの形容詞形。エジプトのピラミッドは四角錐だが、pyramidは四角に限らず、塔のように先がとがっているものを呼ぶ

大脳新皮質の錐体細胞

海馬の錐体細胞

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | 大脳 | 細胞

 

眼球の網膜の錐体細胞

 錐体細胞とは、眼球網膜で光を受ける細胞(=視細胞)の一種。もう一種は、杆体細胞。網膜の視細胞層に並んでいる。錐体細胞には3種あり、それぞれもっている色素が違う。これにより、これらの錐体細胞は異なった色を感知する。

言語表記発音、読み方
日本語医学錐体細胞すいたいさいぼう
英語cone cell*ーン・
* cone は主に円錐をさす言葉。ソフトクリームのコーンや、道路工事のときの注意喚起、誘導に使うコーン(パイロン)がこの形

カテゴリー: 感覚器 | | 眼球 | 網膜 | 細胞

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。