トライツ筋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細はトライツ靭帯の項目にあります

 トライツ筋とは、小腸の途中にあって小腸を背中側の壁(後腹壁)につなぎとめている平滑筋の束を含む、靭帯のような結合組織のこと。十二指腸空腸の境界にあって、十二指腸をささえているので、十二指腸提筋ともいう。靭帯のような構造なので、トライツ靭帯十二指腸提靭帯とも呼ばれる。

言語表記発音、読み方
日本語医学トライツ靭帯(トライツ靱帯) *トライツじんたい
十二指腸提筋じゅうにしちょうていきん
十二指腸提靭帯(十二指腸提靱帯)じゅうにしちょうていじんたい
トライツ筋 *トライツきん
英語Treitz ligament *,**トゥライツ・リガメント
suspensory muscle of duodenum ***サスペンサリィ・マッスル・オブ・デュオデナム
suspensory ligament of duodenum †サスペンサリィ・リガメント・オブ・デュオデナム
Treitz muscle *, ‡トゥライツ・マッスル
ラテン語musclulus suspensorius duodeni ***ムスクルス・ススペンソリウス・ドゥオデニ
ligamentum suspensorium duodeni †リガメントゥム・ススペンソリウム・ドゥオデニ
* 19世紀のチェコ(当時ボヘミア王国、のちオーストリア=ハンガリー帝国)の病理・解剖学者 ヴァーツラフ・トライツ(Václav Treitz)のこと
** トライツ靭帯に対応
*** 十二指腸提筋に対応
 十二指腸提靭帯に対応
 トライツ筋に対応

カテゴリー: 消化器系 | 腹部 | 人名付

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。