ブルンナー腺

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は十二指腸腺の項目にあります

 ブルンナー腺とは、十二指腸腺とも呼ばれ、消化管の壁の中で、十二指腸にだけあるから流れてきたものが強い酸性なので、それを中和させるようなアルカリ性の粘液を十二指腸の内腔に向かって分泌する外分泌腺

言語表記発音、読み方
日本語医学十二指腸腺じゅうにしちょうせん
ブルンナー腺*ブルンナーせん
ブルンネル腺*ブルンネルせん
英語複数扱い**duodenal glandsデュオーデナル・ランズ
デュオディーナル・ランズ
Brunner glands*ンナー・グランズ
ラテン語複数扱い**glandulae duodenalesグランドゥラエ・ドゥオデナレス
* ブルンナー(ブルンネル)は、ヨハン・K・ブルンネル Johann K. Brunner の名前から
** ごく小さな腺が密集しているので複数形で扱うことが多い

カテゴリー: 腹部 | 消化器系 | 消化管 | 顕微鏡レベル | 小腸 | | 人名付

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。