外分泌腺

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 外分泌腺とは、のうち、外分泌をする腺、つまり、体外あるいは体外と直接つながっている場所(つまり、体外に近い意味を持っている場所、口の中(=口腔)をはじめとする消化管の内側など)に分泌する腺。

言語表記発音、読み方
日本語医学外分泌腺がいぶんぴ-せん、がいぶんぴつ-せん
英語exocrine glandクソクライン・グンド

 体外や体外とつながっている場所は、皮膚(の表皮)や粘膜(の上皮)などといった、体外と体内との境界をつくる層で、しっかりとふさがれている。その場所の体外の側に何かを分泌するには、外分泌腺は、境界の層の体外側に直接面しているか、あるいは、体内側から体外側へとつながる管を使って分泌物を送り出すか、のどちらかである。そういう管のことを導管という。

 たとえば、気管の中に粘液を分泌するのは外分泌腺だが、気管では、気管の粘膜の上皮に粘液を分泌する細胞(=杯細胞)がたくさん混在している。これが粘膜の上皮の中にある外分泌腺で、一方、粘膜のすぐ外側には気管腺があり、分泌された粘液は気管腺の導管を通って気管の中に分泌される。

カテゴリー: | 分泌 | 細胞活動

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。