ランゲルハンス

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 ランゲルハンス Langerhans は人名。

パウル・ランゲルハンス

 パウル・ランゲルハンス Paul Langerhans は、19世紀半ばのドイツの病理・解剖学者。1844年ベルリン生まれ。膵臓ランゲルハンス島皮膚ランゲルハンス細胞などを発見して、名前が残っている。1888年没。

 ルドルフ・ウィルヒョーに強い影響を受けた。膵臓の研究は、ベルリンのウィルヒョーの研究室で行われた。

ランゲルハンスの名前のついた構造

ランゲルハンス島
 膵島ともいい、膵臓内部に散らばる細胞のかたまり。ここの細胞から、インスリングルカゴンなどのホルモンが分泌される。
ランゲルハンス細胞
 皮膚表皮の中に散らばっている細胞で、免疫系にかかわる機能を持っている。

カテゴリー: 人名

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。