循環器系

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 循環器系とは、体内の器官を機能別に分けた器官系のひとつで、血液リンパ液などの体液の循環に関係する器官(=循環器 circularoty organ)をまとめて扱う区分。主な器官として、心臓動脈静脈リンパ管リンパ節などが含まれ、これに血液に含まれる血球をつくる器官として、骨髄胸腺脾臓なども含む場合がある。

言語表記発音、読み方
日本語医学循環器系じゅんかんきけい
英語circulatory systemーキュラトリー・スィステム

循環系と近い器官系の区分の例

心血管系
血液の循環に関与する、心臓動脈静脈など
血管系
動脈静脈などの血管だけを呼ぶ場合と、「心」をつけなくとも心臓を含む場合もある
脈管系
血液リンパ液の循環に関与する、動脈静脈リンパ管をまとめて呼ぶとき。これらに加えて、血管に接続される心臓、リンパ管に接続されるリンパ節を含む場合もある
リンパ系
リンパ管リンパ節、これに血球をつくる器官骨髄胸腺脾臓など)を含む場合もある
造血器系(造血系)
血球をつくる器官である、骨髄胸腺リンパ節脾臓など。免疫に関与する白血球をつくることから、免疫系と呼ぶこともある

カテゴリー: 循環器系 | 器官系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。