胸腺

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 胸腺とは、胸部心臓の少し上にある器官リンパ系の器官で、Tリンパ球(=T細胞)ができるところ。Tリンパ球の「T」は胸腺(thymus)の「T」。

言語表記発音、読み方
日本語医学胸腺きょうせん
英語thymus *イマス
* thymus gland とも呼ぶが、gland はあまりつけない

 胸腺は胸腔内臓で、肋骨に囲まれた胸腔内にある。心臓の上には心臓に出入りする大血管が集まる場所があるが、その前面に張りつくようにある、縦隔にある器官である。

 左右の塊()に分かれ、どちらもひらべったい。もっとも大きいのは思春期以降で年とともに小さくなり、脂肪組織に置き換わる。体重に対する割合は新生児で最大。以後はあまり大きくならない。

 左右のは、さらにたくさんの小葉にわかれる。内部には、胸腺細胞というリンパ球がびっしり詰まる。胸腺細胞は骨髄からやってきて胸腺で成熟するとTリンパ球(=T細胞)になり、胸腺から全身に出ていく。胸腺組織の枠組みをつくり、胸腺細胞の成熟をサポートする細胞は細網細胞上皮性細網細胞)といい、胸腺にはこの細胞も多い。

カテゴリー: 循環器系 | リンパ系 | 胸部 | 器官 | 免疫系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。