中腎傍管

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細はミュラー管の項目にあります

 中腎傍管とは、胎児の中腎管(ウォルフ管)のすぐとなりを走る管で、卵管子宮などの女性生殖器のもとになる。ヨハネス・ミュラー(Johanness P. Müller)に発見されたのでミュラー管とも呼ばれる。

言語表記発音、読み方
日本語医学ミュラー管ミュラーかん
中腎傍管ちゅうじんぼうかん
英語müllerian duct *, **ミューリアン・クト
Müller duct **ミュラー・クト
paramesonephric ductパラメソフリック・クト
ラテン語ductus paramesonephricusドゥクトゥス・パラメソネプフリクス
* müllerian は、Müller が一般名詞化・形容詞化したもので、ヨハネス・ミュラーの~、または ミュラー管の~ という意味。ミュラーという人は解剖学に何人か出てくるが他のミュラーには使わない
** Müller, müllerian では ü (ユー ウムラウト)が使われている。ü は、ウムラウトを使わないときは、u または ue と書くので、Mueller, Muller, muellerian, mullerian と書く場合もある

カテゴリー: 生殖器系 | 女性生殖器系 | 発生 | 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。