内皮

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 内皮とは、上皮の一種で、血管動脈静脈毛細血管)、リンパ管、およびそれらにつながる心臓の壁の一番内側の1層の膜を作っている上皮のことを、特に呼ぶ言い方。上皮の一種なので、もちろん上皮組織に含まれる。

言語表記発音、読み方
日本語医学内皮ないひ
英語・ラテン語endothelium*(英語読み)エンドスィーリアム
(ラテン語読み)エンドテリウム
* 普通の上皮が何かの表面側、上側(epi-)を覆っているので"epi + thelium" であるに対して、内側(endo-)を覆っているので "endo + thelium" という

 内皮を作っている細胞を、内皮細胞とよぶ。

 内皮は、上皮の分類でいうと、「単層扁平上皮」である。平べったい形の内皮細胞が1層にうすく並んでできている。

カテゴリー: 上皮組織 | 組織分類

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。