内肛門括約筋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

肛門括約筋でこの項目を参照しています

 内肛門括約筋とは、肛門にごく近い直腸の部分(肛門管のところ)にある、腸のまわりを取り巻くような方向に走る括約筋)。筋の種類は平滑筋で、自律神経によって調節されている不随意筋で、排便をしていない通常時に、肛門を閉じているのに働く。肛門括約筋には、これともうひとつ、これよりも外側に、外肛門括約筋がある。

言語表記発音、読み方
日本語医学内肛門括約筋ないこうもんかつやくきん
英語internal anal sphincterインーナル・イナル・スフィンクター

 肛門管では、腸の壁をつくっている平滑筋層のうち、内輪筋層(内側の輪走筋の層)が、特に発達して厚くなっている。これが内肛門括約筋である。

カテゴリー: 消化器系 | 消化管 | 腹部 | 肛門 | 直腸 | | 平滑筋

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。