喇叭管

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は卵管の項目にあります

 喇叭管とは、またはラッパ管とは、子宮から卵巣のところまで伸びる卵管の別名。現在では、解剖学用語として使われることはないが、卵管のラテン語名のひとつである、salpinx サルピンクス の訳語として広く使われた。salpinx はギリシャ語でトランペットのような形のラッパのこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学卵管らんかん
ファローピウス管ファローピウスかん
ファロピーオ管ファロピーオかん
医学以外輸卵管ゆらんかん
一般喇叭管、ラッパ管らっぱかん
英語oviductヴィダクト
uterine tubeユーテライン・テューブ
fallopian tube
Fallopian tube
ファロゥピアン・テューブ
英語・ラテン語salpinxルピンクス
ラテン語tuba uterinaテュバ・ウテリナ
※ 各用語の解説は、卵管を参照

 卵管の形は、子宮の近くでは細く(=卵管峡部)、卵巣の近くで太くなる(=卵管膨大部)。さらに、もっとも卵巣の近くでは、急に太くなり(=漏斗、卵管漏斗部)、一番端は花びらのように広がって終わる(=卵管采)。この形をラッパにたとえた。

カテゴリー: 生殖器系 | 女性生殖器系 | 器官 | 腹部 | 卵管 | 解剖学用語でない

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。