輸卵管

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は卵管の項目にあります

 輸卵管とは、卵管のこと。輸卵管という言葉は医学の分野ではあまり使われないが、生物学ではよく使われており、特に哺乳類以外の動物ではよく使われる。逆に、医学以外では卵管はあまり使われない。

言語表記発音、読み方
日本語医学卵管らんかん
ファローピウス管ファローピウスかん
ファロピーオ管ファロピーオかん
医学以外輸卵管ゆらんかん
一般喇叭管、ラッパ管らっぱかん
英語oviductヴィダクト
uterine tubeユーテライン・テューブ
fallopian tube
Fallopian tube
ファロゥピアン・テューブ
英語・ラテン語salpinxルピンクス
ラテン語tuba uterinaテュバ・ウテリナ
※ 各用語の解説は、卵管を参照

動物の種類による輸卵管の違い

「輸卵管」として指すものが、哺乳類とそれ以外の動物では違う

 哺乳類以外の輸卵管と、哺乳類の輸卵管は定義がちょっと違っている。哺乳類以外のニワトリやヘビ、カエル、魚、貝、昆虫などの多くの動物では、卵巣で卵が作られた後、卵を体外まで運ぶ管全体を輸卵管という。哺乳類でこれに対応する部分を考えると、「卵管+子宮」である。しかし実際には、哺乳類の子宮や膣には卵は通らないし(出産時に赤ん坊が通る)、構造も大きく異なるので、子宮や膣を除いた部分を(狭い意味での、あるいは普通の意味での)輸卵管(卵管)という。

 つまり、哺乳類の輸卵管(卵管)は、それ以外の動物の輸卵管の一部だけからできている部分である。

両生類と魚類を境にして、輸卵管の「由来」が違う

 両生類とそれよりもヒトに近い動物群(爬虫類、鳥類、哺乳類)では、輸卵管のもとになっているのは、女性生殖器系の元になっているミュラー管(中腎傍管)である。魚類やそれよりもヒトから遠い動物群(無脊椎動物;ウニ、貝、昆虫、ミミズ…)ではミュラー管由来ではない。

  

 

カテゴリー: 生殖器系 | 女性生殖器系 | 器官 | 腹部 | 卵管

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。