後肢

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

構造についての詳細は、下肢の項目にあります

 後肢とは、「あしのつけね」から先の部分全体と、おしり(殿部)のあたりをあわせた部分のことで、下肢と同じだが、下肢をヒトに対して使うように、後肢は四足動物に大して使う。

言語表記発音、読み方
日本語医学下肢かし
自由下肢 *じゆうかし
一般 **あし、きゃく
**あし、し
動物後肢 ***こうし
英語lower limbワー・
leg †ッグ
free part of lower limb ‡フリー・パート・オブ・ロワー・リム
*股関節から先の自由に動く部分だけをさすときに使う言葉。股関節よりも胴体(体幹)側の部分には、下肢を支える骨が下肢帯をつくっている。広い意味での下肢はそっちも含む
**解剖学では、下肢の意味で「あし」といわないほうがよい。(あし)といえば、足首から先の部分だけのことを指す
***動物の上肢、下肢は、前肢後肢という。ヒトでは前肢、後肢は使わない
leg は下腿を指すこともある
「自由下肢」に対応する英語

 「あしの付け根」から先、つまり胴体から飛び出した部分、または股(また)股関節) からつま先までのことを、自由下肢といい、股関節よりも胴体(体幹)側の部分を下肢帯という。下肢帯は、あしを支えて、あしが動くときにはたらくがある殿部や骨盤などを含む。

 ただし、自由下肢の意味で、便宜的に下肢という言葉を使うこともある。自由下肢には、股関節から膝関節までの大腿(太もも)、膝から足関節までの下腿(すね)、足関節から先のを含む。

 つまり、下肢といったら、

  1. 下肢 = 自由下肢 + 下肢帯 の意味で厳密に使っているか
  2. 下肢 → 自由下肢 の意味で、便宜的に使っているか

の2つの場合がある。

  • の周辺とその先、の部分を上肢と呼ぶ。
  • 胴体から突き出た部分である上肢、下肢をあわせて、体の胴体の部分(体幹)と対比させて、体肢と呼ぶ。
  • 上肢と下肢をあわせて4本あることから、四肢とも呼ぶ。
  • 動物の上肢、下肢は、前肢後肢というが、ヒトでは前肢、後肢は使わないのがふつう。

カテゴリー: 体の部位 | 下肢

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。