心室中隔

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

IVSでこの項目を参照しています

 心室中隔とは、心臓の2つの心室右心室左心室)の間を仕切る厚い壁の部分のこと。心室の壁の他の部分と同じように、主に心筋層でできている。

言語表記発音、読み方
日本語医学心室中隔しんしつちゅうかく
英語interventricular septumインターヴェントゥリキュラー・プタム
ventricular septumヴェントゥリキュラー・プタム
略語IVS *アイ・ヴィー・エス
ラテン語septum interventriculareセプトゥム・インテルウェントゥリクラーレ
* interventricular septum の略

 心室中隔には、房室束ヒス束)も通っている。房室束は、特殊心筋線維でできていて、心室の収縮させる電気的な興奮を、心房から心室へ伝える刺激伝導系である。房室束は、は心室中隔内で右脚左脚の2つに分かれて右心室と左心室のプルキンエ線維へとつながる。

 心臓を外から見たとき、左右の心室の間には、心臓の前の壁では前室間溝が、心臓の後ろ側の壁には後室間溝がある。心室中隔は、前室間溝と後室間溝とを内部でつなぐ場所にある。心室中隔は、ほとんどの部分は厚い心筋層でできている(心室中隔筋性部という)が、心房の近くの上端にはのない心室中隔膜性部がある。

カテゴリー: 循環器系 | 心血管系 | 胸部 | 心臓

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。