横紋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 横紋とは、何か細長いものに、横方向についている縞模様のこと。解剖学で出てくる横紋は、筋肉細胞(=筋細胞筋線維)の細胞内に見える横紋などがある。

言語表記発音、読み方
日本語医学横紋おうもん
英語cross striationクロス・ストゥリイション
stripeストゥイプ

筋細胞にある横紋

 筋細胞のうち、横紋が見えるのは、骨格筋心筋など、横紋筋に分類される筋細胞のみ。横紋がないのは平滑筋の筋細胞。筋細胞の横紋は、幅 2.5 μm のしましまで、顕微鏡でないと見えない。

 横紋筋の横紋は、筋細胞の内部で、の引っ張り力をだしているアクチンミオシンが、横方向の位置が揃って並んでいることから、これが線に見える。横紋の繰り返しの単位にあたる部分をサルコメア筋節)という。筋に力を入れていないときのサルコメアの長さが 2.5 μm で、筋が収縮するときは、この長さが短くなる。

カテゴリー: 運動器系 | 筋系 | 筋組織 | 細胞内構造

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。