横紋筋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 横紋筋とは、筋組織のタイプのひとつで、筋組織を作っている筋細胞(=筋線維)の細胞質に、顕微鏡で見ると規則的な縞模様(→横紋)が見られることから、こう呼ばれる。骨格筋心筋は横紋筋である。

言語表記発音、読み方
日本語医学横紋筋おうもんきん
英語striated muscleストゥリイティッド・ッスル

 「横紋」の「横」とは何かというと、1つ1つの筋細胞(筋線維)は細長い形をしているので、長い方向を縦、それに対して直角の方向を横と考える。横紋筋の筋線維の細胞質には、横方向に走る規則的な縞模様がびっしり並んでいる。縞々の周期は約 2.5 µm で、顕微鏡でも、高倍率で観察しないと見えない。

 この縞模様は、筋細胞の中に、アクチンフィラメント(細いフィラメント)とミオシンフィラメント(太いフィラメント)が規則的に配列するために見える模様。アクチンフィラメントとミオシンフィラメントとは、筋を収縮させる原動力をつくっている蛋白質の複合体で、これらが組み合わさって引っ張り合うと筋線維が収縮する。

 横紋筋でない筋組織には、平滑筋がある。平滑筋では、これらのフィラメントがきちんと並んで配列しないので、縞模様は見えない。

カテゴリー: 組織分類 | 筋組織

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。