筋頭

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 筋頭とは、の両端がにつながるあたりで細くなる場所のうち、筋からみて体の中心に近い(近位)側(=筋の起始の側)の部分のこと。筋頭の反対側にある、体の中心から離れた(遠位)側(=筋の停止の側)を筋尾という。筋の真ん中の太くなったところは筋腹

言語表記発音、読み方
日本語医学筋頭きんとう
英語caput of muscleプト・オブ・ッスル
head of muscle *ッド・オブ・ッスル
ラテン語caput musculi(ラテン語読み)カプート・ムスクリ
* head of muscle ではなく、musclehead, muscle-head だと、日本で言う「脳筋」のニュアンスの俗語になってしまうので注意する

 1つの筋腹につながる筋頭が2つに分かれている筋を二頭筋と呼ぶ。同様に3つに分かれていれば三頭筋、4つに分かれていれば四頭筋五頭筋というのは、人体にはたぶんない。

 筋頭、筋腹、筋尾は、おもに紡錘状筋の形の分類で、真ん中が膨らんで、両端が細く、紡錘形をした筋)にあるが、それ以外の形の筋でも雰囲気でそう呼ぶ。

カテゴリー: 運動器系 | 筋系 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。