近位

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

近位端でこの項目を参照しています

 近位とは、ある基準となる場所に対して、「基準点に近い位置」または「基準点に近づくような向き、方向」を指す言葉。対義語は遠位。この場合の基準点は、「体の中心」や「なにかのスタート地点」を指す。

言語表記発音、読み方
日本語医学近位きんい
英語形容proximalキシマル

使用例

  • うで(上肢)、あし(下肢)などでは、体の胴体(体幹)を基準として考えて、うでやあしの根元に近い場所を近位という。
  • 親指以外ので、指の途中に2つずつある関節(指節間関節、IP関節)は、指の根元に近いほうを近位指節間関節(PIP関節)という。
  • 消化管では、がスタート地点なので、口に近い場所や口に向かう向きを近位という。
  • 腎臓尿細管では、最初に原尿がつくられる腎小体糸球体ボーマン嚢)がスタート地点なので、それに近い側にある部分を近位尿細管という。

派生用語

近位側(きんいそく)
近位と同じ意味。
近位端(きんいたん)
ある構造の近位側の端のこと
近位部(きんいぶ)
ある構造の近位側の領域のこと

カテゴリー: 方向 | 位置

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。