結腸間膜

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 結腸間膜とは、腸間膜の一種で、結腸後腹壁(内臓のある腹腔の背中側の壁)につなぎとめているのこと。血管神経などが、この膜の中を通って結腸に出入りする。内臓脂肪が蓄積される場所でもある。結腸のうち、特に横行結腸S状結腸のものがはっきりしている。これらの場所では、結腸が後腹壁から離れているから。結腸と後腹壁がくっついている上行結腸下行結腸では発達しない。

言語表記発音、読み方
日本語医学結腸間膜けっちょうかんまく
英語mesentery of colonッセンテリー・オブ・コロン
英語・ラテン語mesocolonメソコロン

 結腸間膜は、他の腸間膜と同じように、その表面には腹膜がある。結腸後腹壁から離れる箇所で、後腹壁を覆っている腹膜が結腸を包むために結腸までのびるとき、後腹壁と結腸との間を往復する腹膜が結腸間膜をつくる。

 結腸間膜は結腸のどの場所につくかによって、横行結腸に着く部分を横行結腸間膜S状結腸に着く部分をS状結腸間膜と呼ぶ。これらの場所では、横行結腸やS状結腸は結腸間膜で後腹壁につながっているだけで、腹腔内をある程度自由に動くことができる。一方、上行結腸下行結腸では、結腸は後腹壁にくっついているので、あまり大きくは動けない。

カテゴリー: 消化器系 | 消化管 | 腹部 | 大腸

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。